バナー画像
  • HOME
トップイメージ

HOME

ご訪問ありがとうございます。
千葉県我孫子市を中心に活動している市民劇団、
「あびこ舞台」の公式ホームページです。


トピックス
今年は2本立て! あびこ舞台の看板演目の1つ「あなたいいお月様ですね」
「最優秀脚本賞」受賞! 東京など関東各地で公演。今年で12回の公演です。

【終了いたしました】
2本立て

認知症老人 
人間の尊厳を問う

第58回公演
「あなた
 いいお月様ですね」


世界三大海難事件のミステリー
朗読劇「畝傍(うねび)消ゆ」



 

【公演のみどころ】
「あなた いいお月様ですね」
 本作品はあびこ舞台渾身の自信作です。東京など関東各地で11回の公演。今回は平成24年以来、久々の上演です。 NHkでたびたび紹介された出雲市の有名な施設に泊まり込んで脚本を執筆。妻の顔も忘れた元高校の校長、特攻兵を「総員帽振れ」で見送った基地の整備兵、自分を李香蘭と思い込んでいる昔の前座歌手などたくさんの人物が登場します。
 戦後の高度経済成長を支えた人々への尊敬の念と哀感をヒューマンタッチに描きながら「人間の尊厳とは何か」を問う作品です。

朗読劇「畝傍(うねび)消ゆ」

 発足直後の明治政府にはまだ軍艦を造る技術がなく、英・仏両国に製造を依頼しました。英国製「浪速」は主砲4門、副砲7門、連発砲4門のほかに魚雷発射砲4門を備えた軍艦。当初から「大砲が重すぎて復元力に影響する」と心配の声がありました。
  建設に2年。明治19年10月、ルアーブル港を出港して日本へ。日本代表・飯牟礼俊位大尉以下12名、仏はフェブル中尉など76名が乗船。地中海、スエズ運河、インド洋を通過してシンガポールに寄港。12月3日に出港したとの連絡を最後に音信不通。「畝傍消ゆ」のミステリは氷山と衝突して沈没した「タイタニック」、食事をテーブルに並べたまま南大西洋を無人で漂流していた幽霊船「メリーセレアステ」と共に、世界三大海難事件として知られています。
 真相は不明のままですが、親族末裔の一人として、事実と推測を交えながら朗読劇にまとめてみました。



脚本・構成・演出:いいむれ一臣
(我孫子市文化連盟会長、千葉県芸術文化団体協議会理事、あびこ舞台代表)
特別演技指導:貝山武久
 
(元日本演出者協会副理事長/メープルリーフ・シアター代表)

第58回公演
日時:平成29年
5月14日(日)
    午後12時半開場
    午後1時開演
場所:
我孫子市湖北地区公民館(JR湖北駅徒歩15分)

 

〔申し込み方法〕
 
入場無料:チケットは予約制です。
 
★先着順に受け付けておりますが、定員に達し次第、締め切らせていただきます。

 
ハガキに、住所・氏名・電話番号・入場券必要枚数を明記し、下記までお送りください。
 ※車椅子でお越しの方は事前にご連絡ください。指定席にご案内いたします。
【連絡先】
 〒270-1132 千葉県我孫子市湖北台10-2-25
  
あびこ舞台 飯牟礼一臣  電話:04-7188-1160
 

 



What's New!
更新しました!(2017.5.1)
ホームページを開設しました!(2010.11.17)

Copyright(C)あびこ舞台
inserted by FC2 system